読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

霊的目覚めの扉が開く

 

おはようございます。玄花です。

 

5月15日~22日にプライベートジャーニーでオーストラリアのUluruに行って来ました。

 

  その直前の8日~13日は主催のコズミックジャーニーで北海道は知床と旭岳へ行っています。月の半分は旅をしていました。そして帰って来てからのエネルギーの統合。

 

 それぞれのジャーニーのエッセンスは、そのタイミングで引き出しを開けてはこのニュースレターでもシェアして行きますのでお楽しみに!

 

 旅のレポとしてまとめるのは、もう無理!OMG !!

 

 

コズミックジャーニーという宇宙と地球と遊ぶ旅をこの4年に渡りお届けしていますが、途中から旅で受け取ったガイダンスやメッセージをまとめる事をやめました。

 

 物理的な経験として旅の記憶はありますが、私自身、現在の時計で表せられるような、平面を12等分した時間軸で生きていないので時系列でまとめるようとすると筆が鈍る。

 

  必要に応じて引き出しを開けつつシェアもしますが......

 

 

とにかくおいでよ。一緒に経験しようよ。

あなたの見た事のない世界を見せてあげる。

 

 玄花の魔法の絨毯に一緒に乗りませんか?

 

You don't want go for a ride,do you?

 We could get out of the this place.

See the World✨

 

Do you trust me?

 

 ふふふ。すまんすまん。アラジンになりきってた。私の頭の中では今、アラジンのA Whole New World が流れて歌いながらこのニュースレターを書いています。

 

 私が今年1年間に渡りご提供しているWizard Classの初回終了後の打ち上げでは、リトルマーメイドのPart of Your Worldを映画の通り完コピを披露しました。

 

え?Wizard Classrって何をやっているのかって?

 

 遊びにまつわる全てを引き受けています。

「人生は全て遊びだ」という感覚をアーティスティックに広げています。

 

 今までのモノの見方、視点がシフトして行く場です。

そうする事で分離意識から抜け出し「生きるってね、楽しいの」を体現する。

 

 

久しぶりのニュースレターで嬉しくてソウル書きしているので話が逸れ過ぎですがちょっと元に戻して...

 

 

オーストラリアのUluruは大きな一枚岩のことで、先住民族アボリジニの聖地で砂漠です。さらに言えば、地球の第3チャクラです。

 

ヘリコプターからのUluru

f:id:hyunhwa:20160605120018j:plain

 

 エアーズロックという名前で知っている人もいると思いますが、エアーズとは、欧米人としてこの岩を初めて発見した人の名前です。

 

先住民族であるアボリジニの聖地なのだから正式名称で、という事で、近年はまたUluruの名称で呼ばれるようになって来ました。

 

そもそもアボリジニという名称も欧米人がつけたもので、本来はアナング族と言います。

 

 オーストラリアに来るべくしての流れになり行った訳ですが、Uluruの土地に着いてから自然に身体はワークに入っていました。無意識のレベルで。

 

そういう自分の特性を理解しています。その後に現実に現れるて来るからね。 

 

 

それをしようと思ってしている事は実はなされていない。

例えば整体的には、

丹田に意識を集めようと思っている時には丹田に意識は集まっていない訳です。

 

 グラウンディングしようと思っている時にはグラウンディングが出来ていない。

いや、出来ているとしてもその深さと在り方が違う。

 

という事は引き寄せの法則なども然り。

それをしようとしている時、ある程度の成果があるとしても、無意識のレベルでそれをなしている時と比べると動かせるエネルギーの規模がまったく違う。

お金というエネルギーも含めてね。

 

禅問答のようですが、ではどうしたらいいのか?というのは、これだけでひとつのWSが出来るくらいなので書きっぱなしジャーマンでまたいつか。

 

昨年からずっと「赤土に立っている玄花さんが見えます」と言われる事が多く、赤土と言えばセドナかな?と思っていたのですが、ここUluruの赤土に来ました。

 

セドナもUluruもどちらも先住民族の聖地です。

 

今回Uluruから繋がるべき集合意識にアクセスした事で、セドナ行きはスッと抜けて行きました。Uluruで全て済んだ、みたいなね。地球の第3チャクラですからね。

 

地球の第3チャクラは、自分のエネルギーフィールドでも第3チャクラに相当します(尾てい骨、会陰の辺り。肉体で言うならば第1チャクラと言われるところですね)

 

ガイアからのエネルギーを元に、このガイアで植物や動物と共に人間として生きるベースとなるチャクラ。

 

人間として生まれたからこそ経験した(している)、周囲と関わる事で傷つく事への恐れ。人間として生まれたからこそ、この環境の中で生きて傷ついて、そして感じる事をやめてしまった痛み。

 

このUluruの大地は生きる強さに溢れ、そして肉体レベルでの癒しをもたらしてくれるだけのパワーがあります。Uluruのエネルギーが傷ついた集合意識に流れる媒介となる。

 

地球ではなくガイアと私が書く時は、物理的な地球だけでなくエーテル体レベルも含めて指しています。

 

私はタイムリーに色々な写真をSNSにUPしていますが、実は繊細な写真は載せていない事が多いのです。

 

それは悪いものが写っている訳ではなく、霊的パワーが強く、その写真だけで受け取るものが多く開かれて行く、というような写真など。

 

そういった写真もシェアするのがニュースレターの特典です。

 

 

今年は春分の日以降、霊的に開かれる人が多く、北海道ジャーニーの旭岳でも覚醒した方がいらっしゃいました。

 

日本列島を龍体とするならば北海道はドラゴンヘッド(龍の頭)であり、旭岳は龍の目に当たります。

 

龍の目である旭岳で目が開く。覚醒、目覚める。まさに。

 

北海道ジャーニーが終わり2週間が経ち、すでに第6チャクラが開いていながらさらに松果体が開かれるプロセスを経ている方もいます。

 

ライトボディの活性化ですね。

 

 

参加される方のエネルギーに応じて受け取る出来事の規模が変わりますので個々に違います。わかりやすく症状が現れる人と自分を比べる必要もありません。

 

知覚出来ないレベルでも起こる事が起こっています。特別な誰かだけではなく、誰しもに。

 

変わらないものなど何もない。

というのが

宇宙の不変の法則です。

 

 

この時期、ご自身の心身の不調などを不安に感じている方もいるかもしれません。

呼吸に意識を向けてゆったりしてみて下さい。

 

 

 このUluruの滞在中にはM6.2の地震がありました。滅多に地震のないオーストラリでは20振りの事だそうです。

 

広大な砂漠地帯で大きな被害はなかったために大きなニュースにはなりませんでしたが、熊本の震災と同じ規模ですね。

 

私はまったく気づかず起きなかったのですが、同室の二人や、空港で会った日本人の方々はみなこのトピックで持ちきりでした。

 

大地からビリビリと身体や壁が響くほどのものが伝わって来たのちに

大きく揺れたそうです。

 

大地を揺るがすほどの大きなエネルギーの動き。

 

地震と言えば...

 

3月27日にコズミックジャーニーで訪れた阿蘇神社

 

この半月後に震災により倒壊した阿蘇神社の写真を見て、2011年3月の東北大震災を思い出しました。

 

2011年3月10日

震災の前日

私は鹿島神宮にいました。

 

氣学を学んでいる友人に誘われて、鹿島神宮にお水取りに行ったんです。

同じ六白金星の星を持つ友人と。

 

鹿島神宮には大きな石の鳥居があり存在感がありました。

 

f:id:hyunhwa:20160605120424j:plain

 

 当時書いたブログより写真を持って来ました。

当時はガラケーなので写真が小さいですね。

 

この大きな鳥居が翌日3月11日のニュースでは倒壊しました。

今では木の鳥居になっています。

 

鹿島神宮には要石というものがあります。

f:id:hyunhwa:20160605120603j:plain

 

昔の人は地震は地中で大鯰が暴れていると考え、鹿島神宮にある要石は、その大鯰を封じていると言われています。その要石を見た翌日の大震災でした。

 

3月11日は私の誕生日でもあり、地震という地球規模での大きなエネルギーの動きについて考える事がよくあります。

 

私たちの身体も地球も宇宙も全てはフラクタル(相似形)である。

 

その観点から、ライトボディの活性や地震などについての考察。

 

これらのトピックは6月の夏至のWSの道中でシェアしようと思っています。

 

そもそも今回のニュースレターのタイトルの霊的目覚めってなぁに?

ってのも知りたいよね。

 

お任せ下さいませ。

 

今日は久しぶりのニュースレターですので話があちこちに行き駆け足ですが、今月は海外に行く予定はないのでニュースレターの配信にエネルギーを注ぎます。

 

 一つ一つのトピックについて深めて書きますのでお楽しみに。

※ニュースレターの購読申し込みはこちらから

 

 

実は今日のメインのお知らせは、夏至のWSです。

 

夏至に訪れるのは鹿児島です。

開聞岳に登ります。

 

f:id:hyunhwa:20160605115029j:plain

 

薩摩富士とも呼ばれる開聞岳

まるでピラミッドです。

 標高900メートルの山ですがトレッキングシューズは必須です。

 

特別な体力を必要とはしませんが、体力が心配な方はご相談下さい。

今までも山へのナビゲートはしています。

50代の参加者などの身体を調整しながらの行程もありました。

 

この開聞岳もUluruと同様にポータルです。

今回の夏至のWSはエジプトの太陽神ラーのエネルギーとの共同創造です。

 

夏至の日にこの山頂から、エジプトやボスニアのピラミッドパワーと富士山と繋がりたくさんのエナジーワークを行います。

 

実際の富士山には登れなくともここならば登れる人もいるでしょう。

 

富士山は地球の第6チャクラ。

自分のエネルギーフィールドで見ると胃の辺り。そう、太陽神経叢。

 

第6チャクラは自分の神聖なパワーを知り、それを使う場所。

 

太陽のSpiritual Energyが最大になる夏至の日に、鹿児島の開聞岳というポータルであなたの神聖さを表に出す事への怖れを超えて行きます。

 

 もっと詳しく書きたいのですが長くなりましたのでまた明日に!

 

 

一足お先に告知と詳細とお申し込みページはこちら

hyunhwa.hatenablog.com

 

あなたに必要なエネルギーと共に

愛を込めて

 

玄花

 

 

www.hyunhwa.com