読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

この世に貢献したい生き物の誇りと矜持

色々なステージの変わる時...
 

ステージってね、次元とも言うのだけど、なぜそれが変わるのかというと、今までのステージが「飽きたから」

それくらいの気軽さでいい。
 
 

お金ってものに関して、今までは汗水たらして働いてとか、労働としての対価としてのお金とかだったものが

「私にお金を下さい」

なんて事を、ブログやSNS で言ってもいい、という風にまで自由になって来たこの頃。
 

大いに結構だと思う。
 

だけどそれって一回限りだったり、数回だったりと続かない事が多い。
 

それだけで食べていける人はなかなかいない。
 
 

ずっと自分に注目を引いてお金を出して貰うって、「実はものすごいスキルとプレゼン力がいる」
 

お金を出す人に、お金を出す喜びを与えちゃうくらいの事です。一見、何もしないのに。
 
 

みなさんからみて好き放題で思うがままにわがままに生きてるだけでお金を動かしている人が実は、
 

この世界や宇宙に対して貢献していて奉仕者であるというフェイズがある。


f:id:hyunhwa:20160527052446j:image
 
 

「わたし」なんてものはそもそもないのだから、「これをやる」と来た閃きは宇宙があなたの肉体を通して「さあやれ」と言ってるようなもの。
 

それをどれだけ観念で止める事なくやりきる事が出来るのか。
 
 

「グルン」と自分の物事を見る視点が変わるという節目の今にいる。
 

承認欲求とか褒められたいではく、純粋に人はこの世界に貢献したいと思っている生き物だ。
 

誰に褒められる事なくても自分で自分に誇りが持てる、そんな貢献。
 

こんな事をしたあんな事をしたと発信せずとも、自分の中に確固としてあるこの世界に奉仕し貢献しているという達成感。
 

誰になんと言われようと。
 

マインドを挟む事なく行動出来る瞬発力と共に。
 
 

自分がどれだけ自分に対して誇りを持てるかがこれからは大事だと思うんだ。
 

よくやった!!私!!って。 
 

I'm Proud 
日本語では「矜持」とも言います。
 
 

あなたの誇りはなんですか?
 
 
 
 


こちらの文章は、玄花オフィシャルLINE@でお届けしたものの抜粋です。興味ある方は玄花オフィシャルLINE@
LINE IDの@jov9380zを友達追加して下さい。
 

写真はコズミックジャーニー@で撮影。高千穂峡の池に浮かぶおのころ島。