玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【15】

 

生まれた時の戸籍の名前の日本語読みと韓国語読み、日本の通称名、旦那と結婚してからの旦那の苗字での名前など、私を指している名前はいくつかあります。
 
 
たくさんの名前を持っていますがそれ全ては玄花を指している訳です。
 
 
 
玄というのが本名ではあるけれど、あの日、今の生き方に入るあの時に「玄花」という名前が湧いてきた時
 
 
私の魂はもう、これをしに生まれて来たんだという道(タオ)に入ったのだと思う。


私が何を言おうが、
私が何を表現しようが、
私が何を体現しようが、


私の全身全靈が伝えているのは「生きるってね、楽しいの」ってこと。


楽しい=苦しい事がないとか不安や怖れがないって事ではない。


この二元の世界では、森羅万象全ては陰と陽の側面がある。


今の意識において不安や怖れを感じるその中にも、間違いなく愛とユーモアがある。


私が自分の経験を踏まえて言える事は、どんな物事の中にも愛とユーモアがあり、生きるって楽しいんだってこと。
 
 
 
「玄花さんは玄花さんだよ」私が1番言われる言葉です。
 
 
玄花さんはヒーラーだよ。
玄花さんはエナジーワーカーだよ。
玄花さんはセラピストだよ。
 
そのどれもより「玄花さんは玄花さんだよ」と言われます。
 
 
 
以前宇宙人の話になった時、「私はシリウス」「私はプレアデス」なんてみんなが話していた時も


玄花「じゃあ私はなんだろう?」

みんな「玄花さんは玄花さんだよ」


確固たる根拠なんてどうでもいいってくらいどうでもよく、玄花は玄花なのだ。



私は今年、本気で遊ぶ。
大人が本気で遊ぶところをお見せ出来た面白いなと思う。ただそれだけ。
 

「大人ってたまんないね」あんな未来があるのならば生きるって楽しいじゃないかという事を体現する道に、もう入っている。


間近で見ている我が家の子どもたちはもう慣れっこだろう。


子どもたちが「お母さん、これは俺がやるよ」という言葉を丸ごと受け取る。

「いいよ、いいよ、お母さんがやるから」とは言わない。
 

だから私が差し出す手も、子どもたちは躊躇なく掴んでくれる。


さあて、と。
大人が本気で遊ぶとそこに、Golden Spiralが巻き起こる。
 

そしてどうなるかは、ここからのお楽しみだ。

だってさ、玄花はどう転んでも玄花なのだからさ。