読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【14】

 

 

学びというのは楽しい。

 

もっともっと知りたい。もっともっとと欲が出る。

 

そう、知識は欲だ。

 

 

知識を得るとは、欲望を満たす行為である。

 

知識を得るという感覚だけで満足し、得た知識を話したり書いたりする事でアウトプットをした気持ちになってしまう。

 

 

アウトプットが大事だとよく言われるが、それは「私はこれを学んだ」「私はこれを読んでこう思った」という分析や心情を話したり書いたりする事ではない。

 

 

知識をどれだけ得ても現実が変わらない人はこのパターンが多い。

 

 

ネットや本から知識を収集し、知識で知っている通りにその法則を使ってもある枠の中だけの変化で終わる。

 

 

ダイナミックな現実の変化が起きない。

 

 

それはなぜなのか?それをどうしたらいいのか?とさらなる知識が欲しいと欲が出る。

 

そして知識を知識でがんじがらめにする。

 

 

「全部学んで全部忘れる」

 

 

知識は、それを使おうとした時点で知識に振り回されているということ。

 

知り得た知識をどう使うか、そして現実に反映してこそ知識は叡智になる。

 

 

頭優位の人はまず思考型という事を自分に許す。

 

そして考えて考えて知識を得て、しかし現実に反映しないと認めたら全部放り投げたその後に

 

 

考えるな、感じろ。の領域に入れる。

 

 

「小賢しい」という言葉に引っかかりを感じる人は、知識という欲望に捕らえられているかもしれない。

 

 

ではどうするか?

 

その問いすらも捨てるんだよ。

 

www.hyunhwa.com