玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【13】

 

自分の未来をひとことで言うとしたら「La Vie en rose 」

薔薇色の人生という言葉を何度耳にしただろう。



時間はその未来から流れて来ている。
 
だから今何が起ころうとも、それは間違いなくLa Vie en roseに至る今。


時に孤独に思える事も、時に上手くいかないと放り出したくなる時も、全てはLa Vie en roseに繋がっている。


未来を思う時、それを「今ここで」思い描いているという事は、それは今ここにあるんです。


という事は、今すでにLa Vie en roseな訳なんです。


伝わるかな。
頭でよりも感覚で掴んで欲しい。



「今、私は幸せです」
「今、私は豊かです」と口にしてみる。

思考は即座に、

「あれも足りない、これも足りない」
「あの支払いがある」
「子どもの学費が... 」なんて浮かぶかもしれない。


その思考に囚われずに「へー、私は今、そう思っているのか」と、思考と自分を切り離してみる。


その上で、もう一度口にしてみる。

「私は今、幸せです」
「私は今、豊かです」

そうして思考と自分を切り離しながら身体を感じてみて。


何を感じるだろうか。

もしかしたら口では不安だと言いながらも、「幸せ」や「豊か」という言葉にハートの奥から満ち足りるような感覚が上がって来るかもしれない。


まずは気づく事で思考と自分を切り離し、身体の感覚を感じてみよう。
 
そしてそれを信頼してみよう。


薔薇色の人生と聞いてエディット・ピアフよりも吉川晃司が浮かぶ(笑)
 
いい歌だったよね。
 
 

www.hyunhwa.com