玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【12】

 

ネットは便利だ。色々な情報を収集出来る。

 

もっともっと自分の望む現実にしたいと思う時、まず自分の現実はどのようにして今の状態なのかを知るために様々な本やネットから情報を得る事が出来る。

 

 

潜在意識の事も、心の在りようも、感情の抑圧も、投影についてもたくさんの方がブログやサイトで発信してくれている。

 

さらに自分の望む現実にするために、潜在意識の扱いや何かのメソッド引き寄せの法則などの方法も知る事が出来る。

 

専門家でなくても、心のありようについて心理学的な事にも詳しい人も多くなって来た。

 

 

アドラー心理学から潜在意識の投影から引き寄せの法則や何かのメソッドを知っているという人は多いが、実際にダイナミックに現実を動かしてこそそれを「理解している」と言える。「実践している」と言える。

 

話をしていて知っている知識の共通点が多いのに何だか噛み合わなくて違和感があった。

 

そうか、頭で知っているだけで実際に現実を動かして理解している実践者ではなかったからだ。

 

そろそろ「知っている」事を「理解し現実を動かしている」領域へ拡大してみようか。それには、実践あるのみ。日常に溶け込むように実践あるのみ。

 

知識がどれだけ膨大に増えても、それを日常に落とし込んで現実が変わらなきゃつまらないじゃない。

 

自分を尊重するならば、自分の居心地の良い自分の環境や現実を創る事を実践する。

 

何をして実践していいかわからなければ、まずはそれを実践している人に会いに行く。もちろん自分の心惹かれる人でいい。

 

物理的に動く。

 

自分が当たり前に住んでいるエリアから飛び出してみる。それだけでもダイナミックにエネルギーは動き出す。

 

子どもがいるから無理。

親が干渉してくるから無理。

などの、それが出来ない理由が浮上して来たら、その問題に向き合う。

 

それは自分が行動しようとしたから浮上して来た問題で、それだけでも行動しようと考えた意味があるというもの。

 

 

問題とは自分にとって、「問いかけが必要な話題(トピック)」という事だ。問題=悪いものではない。

 

常々「脳が欲しているのは糖ではなく問うである」と言っているように、自分に問うパワークエスションは自分の可能性の扉を開く。

 

 

私はいらした方に、そんなパワークエスションを投げかけている。

 

その問いは、あなたのハートの扉を開く鍵になるし、あなたの可能性の扉を開く鍵になる。

 

問題と思えるものが現実に浮上して来たら、様々な問いかけをしてみて欲しい。

 

「この現実がある事で私にメリットがあるとしたら何だろう?」

 

「私が本当に欲しいものはなに?」

 

まだまだたくさんの、問題という塊を崩す問いかけがあるが自分で考えてみて下さい。

 

間違いはない。

 

私は問いかけが習慣になっています。日常に落とし込まれたレベルでね。

 

そして現実を動かしていますが、もっと現実創造の域に行きたいと思っています。

 

www.hyunhwa.com