玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【8】

12月13日の今からスペインへ旅立つ。

ほんの8日間の旅だが、スペインは初めてだ。

 

20代の頃にイタリアが好きでよく足を運んだ。ミラノのドゥオモに入った時に溢れて来た涙はなんだったのだろうか。

 

海外に行くと感性が鋭敏になる。

 

フロリダのディズニーワールドで観たパレードは、作りもののカバがまばたきをするだけで泣けて。

それを作るまでの、このパレードが完成するまでのそこに関わる人たちや工程が一気に私の内側に流れ込み涙が溢れた。

 

目の前にあるもの全てがそうだ。食べ物も、物も、子どもも。

 

そこに氣を配らなければ何も気づかない。気づかなくてもいい。しかし例えば、胎児がお腹の中で経て来た雄大な進化のプロセスに気づくとそこで初めて気づきは私の内側で構築される。

 

 

「玄花さんの魂はスペイン、次いでエジプトの要素が強いですね」なんて言われる。

 

究極的には私なんてものはなく、過去世も何も全ては集合意識・集合無意識が創り出したもの、全ては幻想だとしても

 

縦に横にと織りなす糸のように、これだけ壮大な意識を生み出しそれを機能させているように感じられる「私の意識」というものに感嘆する。

 

スペインの道中の写真などは、インスタグラムからお届けする。インスタグラムは、サイドバー(スマホの人にとっては下にある)の「玄花 Photo Clumn」と連動しているのでそちらからまとめて見る事が出来る。

 

また、道中の秘話などは昨日からスタートしたニュースレター「Golden Spiral」でお届けする。

 

 

魂の憧憬

 

スペインで私を揺さぶるものはあるだろうか。そんな期待も手放して、ただ楽しんで来よう。

 

自然に触れて、自分の中の自然を思い出そう。

 

そうしてきっと思い出す。実はハートは傷つかないという事を。ハートの深い深い領域は、何があっても傷つかないという事を。

 

全てを受け入れる、ただ受け入れる。

この世の闇と言われるものも全て。

 

それが私の身体を通して光に変わるかは実のところ知るよしもないが、「玄花さんてプラズマクラスターみたいね」というのは昔から言われること。

 

プラズマクラスターが出る前は、冷蔵庫の脱臭剤みたいと言われた事もある。

 

どんなにネガティブな波動の中にいようが暗黒世界にいようが、実はハートは傷つかない事を、知覚しない無意識の領域で知っている。

 

それが私のポテンシャル(潜在能力)の一つだろう。

 

ネガティブな波動の影響を受ける、というところから、そもそもうんと自由だ。

 

 

さあて、おもしろおかしく制限や条件付けを超えて行こうじゃないか。

 

玄花's Voiceもスペインから更新したくなったらします。

 

ちゃお。

 

 

www.hyunhwa.com