玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花's Voice【2】

 

最近は自分のチャネリング能力やサイキック能力というものが開いて来ている方も多いし、そもそもそれが当たり前に出来る人もいる。

 

さらには潜在意識の領域の事や、物事の真理と言われるものを「すでに知っている」という方も多い。それを言い表すボキャブラリーがないだけで。

 

そしてそういう事が出来るにあたって、何のドラマもない。

 

臨死体験もなければ、鬱になったり大変な経験があった事をきっかけに自分に向き合う世界に入った、というドラマが何もない。

 

しかし周りには、「何か劇的な体験があってそうなったんでしょ?」「なんでそれが出来るようになったの?」と聞かれたりする。

 

何もないのもどうなんだ?と思いつつ、自分の内側をほじくってみても、なんらドラマのひとつもない。そんな人に最近よく出会う。

 

こじつけようと思えばあるにはあるが、それもなんだかな、という感じだ。

 

さぁて、その自分にOKを出そうじゃないか。昔から何をやっても一番で、特に不遇の時代があった訳でもなく、もしもあったとしてもそれを笑い飛ばせるほどの視点も持てていて、たいがい何をしても上手くいくし思った事はだいたい現実化して来ている。

 

そんな自分ではいけないと肩身を狭くしている方がいる、という事実。もうOKを出してしまおう。もし妬まれたとしてもそれは相手の問題だ。もじ自慢していると捉えられたらそれは相手の問題だ。

 

あなたはもう、原因と結果の法則や因果律すら超えているんだから。あれがあったから今の私がある、なんて超えちゃってるんだからさ。

 

そんな時代になって来た。

 

 

www.hyunhwa.com