読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花の遠足@宮島ふたたび



本日配信のメルマガより
メルマガ登録はこちら
おすすめ無料メルマガ
玄花のPower of  Love



今月は旅人になっている玄花です。


先日6月3日の満月に玄花の遠足で広島宮島に行きました。


宮島と言えば厳島神社


厳島神社と言えば弁財天


弁財天という言い方は仏教での言い方で、弁財天は神道では市杵島姫命になります。


ヒンドゥー教ではサラスバディですね。





6月3日の遠足を終えたばかりなのですが、


今度の16日の新月にも宮島カモンと呼ばれている気になっちゃたんです。


何でかなぁと思ったら、


翌17日は年に一度の厳島神社の弁財天の御開帳の日だったんです。


毎年6月17日


という事で、17日に再び玄花の遠足@宮島を開催します。





なぜ今、弁財天なのか。


弁財天と言えば女性性。


私にご縁があるのはコノハナサクヤです。


意識し始めたのは数年前からです。


コノハナサクヤ=富士山


先日は、「私は山である」なんてブログも書いちゃいましたしね。


こちらのブログ


それはそれとして、ここに来て市杵島姫命が俄然ラブコールを送って来ます。


カモーンて。




出るに任せて書いているのである意味出まかせです。


はははははは。


私はWSなどでのガンガンに喋るので左脳が優位と思っている人もいるようですが、


左脳を使ったらああいう風には喋れません。


右脳全開だからこそ


フルトランスでチャネリング状態のように立て板に水の如く喋れたりします。




自分の口から出て来る解説に、


最前列に座っている自分が「へ~」と感心したり拍手喝さいを送っていたり。


左脳を使って喋っている時と右脳全開の時とオートでスイッチしています。


なので、


「私は右脳が優位だから言葉にするのが苦手で」


というのもある一つの真実ですがそれとは逆に、


左脳で考え過ぎているから言葉が上手く出て来ない、


という場合もあると思います。


特にリーディングの場合は自分を明け渡した方が精度は高いです。




さてなぜ今、市杵島姫命なのか。


もちろん女性性の開花に繋がるのですが、


私は市杵島姫命だけでなくその先の歓喜天に意識の周波数のチャンネルが合っています。







えー、どっから話そうかな。。


ヒンドゥー教でいうシヴァ神の子どもにガナバチイ神というのがいて、


シヴァ神の眷属を統括していた)


このガナバチイ神は象頭人身のビナカヤ神と同一です。


このガナパチイ・ビナカヤ神がガネーシャ(象頭人身)と言われています。




で、ガネーシャ歓喜天であり、


歓喜天とは、象の頭をした男女が抱き合っている姿で描かれています。



その昔、『昔摩羅醯羅列王(まらけいられつおう)という強暴魔物がいて、


(この王がガネーシャと言われています)


この王は牛と大根とを好んで食していたために人々は恐れて牛を献上していました。


牛を食べ尽すと次は死人の肉を、


死人の肉が無くなると生きた人をいけにえにし始めた。





それに困った人々が助けを求めたのが十一面観音


十一面観音はガネーシャの女身に変身して、


SEXをさせてやるから肉を食べるのをやめるように言いました。




ガネーシャ、その話に、乗った。


うはははは、まさに歓喜天


色々な言い伝えがありますが私はこれが好きです。


なので象頭の男女がエロチックに抱き合っている像もあります。


そして女身が男身の足を踏んづけている。



{B17308BE-DB7C-472D-B46C-3F2721FD7B3F:01}



十一面観音とは観世音菩薩の化身


観世音菩薩にはいくつもの化身がありますが、


その一つが弁財天


それを神道で言うと市杵島姫命



だから市杵島姫命歓喜天でもあるのだ。




女性性の開花というのは色々な側面を持っていますが、


歓喜天にチャンネルを合わせているので、


一気にセクシャリティにも繋がっています。


夏至を経て、パートナーシップが活性化するでしょう。


自分の内側が外に現れているだからまずは、


内なる男性性と女性性のパートナーシップをより成熟させ活性化させていく。




それをそのまま外に求めてもいいですし、


内側の幸せの内的感覚に繋がるのもいい。




どれが正しい、どれが間違っているではなく、


たくさんの選択肢とたくさんの視点を持つ。




新月翌日で22日の夏至に向かう中で再び遠足が出来るのを嬉しく思っています。


というか、私は旅人?




色々なパートナーシップの在り方がありますが、


私は男性を育てるタイプではありません。


もちろんギフト&レシーブは同時に起きているので


育てる事と育てられる事は同時に起きていますが


(教える事と教えられる事もね)


まあザックリ言うと、


育てる必要のない方がいつも来て下さっているなと感謝しています。


今までも、これからも。


男性を育てるタイプではないしなぁ。


自分がエキセントリック過ぎて(笑)




という事で、弁財天である市杵島姫命だけでなく


私の意識は果てしなく拡大しているので


歓喜天も超えて結局は大日如来にまで行くのかもしれませんが、


現在お申込みは1名さま。


急の急なので超少人数での開催になるかもしれません。





それでは宮島で鹿と共にお待ちしています。


今回も前日入りしますが広島市内に泊まろうと思っています。


ご縁があって高校の修学旅行以来の広島に続けて二度も行くなんて嬉しいな。




そうそう昨日思い出したのですが、


実家の立て直しを機に23歳で独り暮らしを始めて最初に住んだのが東池袋


2年後に新宿7丁目に。


そこは通称「抜弁天」と言われるところでした。


新宿山の手七福神の弁財天を祀る厳島神社のあるところ。





「どこに住んでるの?」


抜弁天


みたいな。




新宿という町、特に歌舞伎町辺りは、


母方の祖父が不動産業を営み、


祖母がラブホテルを経営していので子ども頃からよく遊びに行き、


あまり怖さを感じる事はありませんでした。


抜弁天に住んですぐに旦那と出会い、


歳の差を超えて恋に落ちました。





あの頃から、


弁財天、市杵島姫命には加護を受けていたのかもしれません。


(特にセクシャリティと恋愛系)


水星逆行の今だからかな、


そんな昔の事を思い出しました。




ここ最近、毎日「弁天、弁天」言っているのはあの頃以来かもしれません。


(あの頃は住まいの説明として言ってたんですけど~)



まあそんな感じで17日


ご一緒出来る方はご一緒しましょう。


天気?


大丈夫よ、きっと。




お申込みはこちらより





愛と敬意と感謝を込めて


横浜の中心地で「今日は寒い」と震えている玄花より






6月17日
玄花の遠足@広島 宮島の参加申し込みはこちら

6月22日(土)
夏至の一斉遠隔エナジーワーク

6月28日(日)
創造のための意識の使い方WS@横浜

7月24日(金)
玄花遠足@福岡/宗像大社
(山歩きもあります)


8月は奈良の予定です。


随時更新
告知フォームの準備が出来次第、順次メルマガで配信します。



最新の玄花はこちらで
大事な事もTwitterで呟きます。
玄花Twitter
こちらにもいます。
玄花Facebook



手紙セッションお申し込み専用フォーム


おすすめ無料メルマガ
玄花のPower of  Love
恋愛・パートナーシップ•セクシャリティ・エロス編
やさしい気持ち