読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

「狂」の精神


2014年6月12日の過去ブログ加筆して



今朝は起き抜けから、
「なんで覚醒とか目覚めって言葉を使わないの?」という脳内の問いかけが始まる。


あー、それは後ほどメルマガに書こう。




*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・




色々な物事を考える時、考えすぎて物事を複雑にする時があります。


もっともっと簡単でいいよ。
複雑にする事ないよ。
オッケーオッケー。


煮詰まった時に、頭の中ではそんな声が聞こえます。


世界はうんとシンプルだってわかっているでしょ?ってね。


時折頭を休めて身体の声を聞き、自分に感けながら、魂の向かう方向を探る。


身体が動きたいように動くに任せる。



私は時として、自分の内なる情熱に動かされて動く時があります。


正しいか間違っているか
損か得かを抜きに、そうせずにはいられない衝動が湧く時があります。


表面的にはいたって冷静に。




情熱とは、
ある物事に気持ちが燃え立つこと。


燃えると言えば、火。
火と言えば五行(木火土金水)に該当する十二支は午。
午と言えば玄花(なんですよ)


今年の6月16日(月)は、午年午月午日。まさに年の暮れから火の時代に入るに相応しい2014年




我が家の子ども3人と関わりながら思う。


何か学校や先生へ働きかける時、「そんな事をしても欲しい結果は得られない。得られるはずがない」という予想がついたしても働きかける時があります。


結果はどうであれ、その働きかける親の姿勢を見て子どもなりに色々と受け取っていると思いますし我が家ではそうなっています。


いい意味だけではなく、反面教師としてでもね。私は私を正直に生きていく。


「子どものために」やっている訳ではなく、ましてや「結果を得るために」やっている訳でもなく、あくまでも自分に正直に行動する。



そういう事が私は多いです。良い悪いでなく。



我が家の娘は中学生ですがこういいます。


「お母さん、”失敗”なんてものはないんだよ」



確かに失敗なんてある一面からみた判断でしかありません。それは頭でわかりつつも、それでもなお


「失敗したくない」「傷つきたくない」「リスクを負わずに最短のルートで行きたい」という気持ちになる事だってありました。


子ども3人を自分の稼ぎで食べさせるんだから経済的にも損失はしたくないし。とか言うと娘に「そんなことは考えなくていいからやりたいと思うことだけやって」と言われる。


娘が小3の終わりに旦那が亡くなり約3年経った頃から娘が言い続けていること。


「お母さん、本当にやりたい事だけやって。本当にそれで大丈夫なんだから」


私は、自分のやっている事=自分のやりたい事って思い込んでいた時期があります。


何回か前の遠隔の時に、「得意な事と好きな事は違う」と書きましが、それは私が経験してわかった事でもあります。


物事は陰陽が同時に働いています。


情熱的に突き抜けられる人は、徹底的に何もしないをする事も出来る。陰にも陽にも突き抜ける。


この「何もしない」を出来た時に、自分のフェイズが変わったなと実感しました。


怖いですよ。
仕事もしないを選択したのだから。


私の稼ぎで子ども3人育てている状況は変わらないというのに。


それはまたお話し会でね。


そしてそのプロセスを経て、より情熱がほとばしるような領域に。エネルギーの循環もより大きくなりました。



さらに娘は、「お母さんは口では『失敗したくない』とか言ってるけど、お母さんの奥の奥はちゃんともう、『失敗なんてない』ってことがわかっているとこまで行っているから、もう何をやってもいいんだよ。どうせ何をやっても失敗はないんだし。


なんて言います。


こういうのも、娘の口を通じて出て来た私のハートや潜在意識の声とも言えるんです。まあ潜在意識のさらに奥はみな繋がっていて、そこから必要なことを導管(チャネル)として発露させる事が出来る質の娘だからね。



さて、情熱。
今日という日にこのブログを再UPしたのはまさに、今日の射手座の新月からよりスピーディに、より少年のような冒険心で火の時代を乗りこなすのに必要なキーワードだからです。





幕末の長州藩吉田松陰


彼が次の世代に向けて残した言葉。
「諸君、狂いたまえ」



狂うという字は、クレイジーという意味ではなく、本来は「自分でも持て余してしまうような情熱」を指しています。


「狂愚」とは、現実の常識に囚われないで、自分の信念に従い行動すること。


こちらより引用



世の中の常識だけでなく、常に”自分の”常識にも囚われないこと。現状打破、ブレイクスルーをするには今の自分を木端微塵に壊すのも一つの手です。


また、壊すと言うよりも軽々と乗り越える事も選択していい。下から潜ってすり抜けてもいい。


破壊と創造そして進化を、遊び心満載で行うのが射手座の新月からの流れ。


嫌なことにはNoということ。意を決して、と言うよりもハートをオープンに軽やかに。


行動を起こすのはまだ先だとしても、今この瞬間に自分がどう在るか決意(コミット)する事は出来ます。



それすらも出来ないのならば、多分それは「自信が無い」とか「あれがこうだから」ではなく、やりたくないか、もしくはやらないでいる事にメリットがあるからです。




10月の月食や日食の満月新月から、過去にご縁のあった魂たちが集まり始めていますね。


共通する魂の憧憬を持っている。


共に戦った日々かもしれないし、同じ部族の仲間かもしれない。同じ志を持って同じ時を過ごした仲間たち。


そんなソウル達の集まりが引き寄せられ形成されている。


今何か突き抜け切れない人は、深くなりすぎた絆を手放せないからかもしれません。


孤独になる恐れや
相手の軸でものを考える癖



今の自分の持ち物も人間関係も、今の自分にちょうどいいものが成り立っています。もしそれに納得が行かないのならこれからの自分はどんな人たちと過ごしていたいのか。


賑やかにワイワイと楽しく気軽に集まれる人たちでほんわかと集まりたいのか。
一線を超えるくらいのプロフェッショナルな人たちと共にいたいのか。


もちろんどちらが偉いとかいう事でなく、ちょっとイメージしてごらん。


どう突き抜けようと、今の自分に正直にね。




失敗も成功もないのだから、自分のハートの情熱を取り出すことだけに集中してみる。


私が何もせずとも、息をしてそこにいるだけでも一緒に過ごす人たちが触発されて勝手に自分生きを始めるくらいなプレゼンスに向けてね。



根拠のない自信はあります。
何だかわからないけど上手く行くことは多々あります。
根拠はなく、何だかわからないことにくつろいでいます。


好きでも嫌いでもワクワクしてもしなくてもなんでもいいから情熱に突き動かされて動きたまえ。


てな感じでな。


その情熱はどこから湧くかって?


あそこだよ、あそこ。
考えてみな。
自分の身体を隅々まで意識で巡ってごらん。
耳を傾け
指先で触れながら。
自分が思ったそこが正解だ。



だいいち私、一年後の自分とか目標とか将来の自分なんて実はこれっぽっちも考えた事なし。


常に目の前のこと、それが全て。


自分のハートの奥に行けば行くほど、そこにある罪悪感や孤独と向き合って来た。


今もこれからも自分の人生はちゃんとどこかに向かっているって信頼してる。



「なんだかわからないけど」という部分をどんどん言葉で説明出来るようになって来た。


見えないおかげさまの創造のフォースは確かにそこにある。





今この瞬間からの自分が納得する新しい価値観を生み出しても見出してもいいって事よ。


自分ルールが通用するかどうかは知らんがな。やってみる価値はあるぜよ。




「おめーらどこまで狂えるの?おれはやるよ」
by 吉田松陰





講座の帰り道。

{5E778C20-F4E9-4BC3-9732-D866CAA5D97E:01}


あなたが目覚めれば目覚めるほどに光を放つ。
その光は伝播し、
その光に触れるものは目覚めの一歩へと踏み出す。

{358A27B7-787E-471D-8622-EFFD00329149:01}



とりあえず下記のリンクの吉田松陰を読んでみてねー。



幕末の狂人・吉田松陰
こちら
こちら


ついでに高杉晋作
こちら


いつの時代もやる事をやる人はやるし、やらない人はやらない。


スピリチュアル意味づけを都合よく自分の人生に取り入れて、動かない言い訳に使う事も出来ます。


「今はそのタイミングじゃないの」、と。


どうせ手のひらの上のようなもの。
星の配置がどうのとかの知識を入れる事が行動を不自由にさせるならば、いっそ何も知らない方が潔い。



成功も失敗もない。


やるのかやらないのか。


あなたはどっち?




*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・




私はここ1年ほど新月と満月に有料にて遠隔エナジーワークをお届けしているのですが、


その根底にある一つは「情熱の発露」です。


なんのジャッジもする事なく、
それが何になるのかの結果も期待せず、
湧いて来る情熱を取り出すこと。


こちらの▶「みずのこえ まき」さんも遠隔にリピートして参加した事を書いて下さっています。


遠隔に参加したころから自分の中にある「小説を書きたい」という衝動に突き動かされて書き綴っているそうです。



現在は書いたものを応募するべく動いているようですね。


楽しみです。






▶▶お知らせ▶▶

10月より個人セッションのメニューと料金が変わります。
現在のメニューでのお届けは9月一杯です。

半年ぶりに新規のセッションを受け付けます。
9月24日・25日・29日・30日
それぞれ12時半以降
Skypeの場合のみ夜間受付あり)
第3希望までお書き添えの上、こちらからお申込み下さい。
セッションお申込みはこちらから


9月23日(祝水)
急の急ですが少人数でも開催します。
一時満席になりましたがまだお席あります。
玄花の「お花し会」の参加申し込みはこちら


9月28日(月)
牡羊座満月一斉遠隔エナジーワーク
テーマ「パートナーシップ」のラストです。

玄花ホームページ