玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

父と娘


10月10日の今日は結婚記念日でした。


「とうとう結婚しました」という語呂が良かったのでこの日に入籍しました。


入籍したもののバタバタ子育てしているうちに旦那は亡くなっちゃったし、私は韓国籍のまま。帰化したくないとかそういう特別な思いがある訳ではないけれど変えなければいけないという思いもない。


ま、生まれたまんまでいいじゃないかと、なんとなくで今に至る。


韓国学校に行っていないので韓国語はカタコトのみ。韓流好きのおばさまたちに負ける韓国知識。強いて言えば、韓国料理育ち。


「あなたはご先祖さまに守られているねぇ。そういうお役目があるから”玄”という名前を手放せるはずがないよ。旦那さんも寛容な方みたいで許してくれるから、子どもたちも”玄”の苗字にしていいと思うよ」


と言ったのは須佐厳さん。
子どもたちは旦那の名前でいいです(笑)


旦那と籍を入れたのは旦那が亡くなる数年前。旦那は私の31歳年上。日活俳優系の雰囲気の会長職。


うちの父よりも年上だ。
うちの母は、
「戸籍謄本見せる訳じゃないし、お父さんのひとつ下って事にしておきましょ」
ははははは。さすが我が母。
と言いつつ、旦那の生前に父と旦那が会うことはありませんでした。


父からしたら許せなかったようだ。


結婚に反対されていたし、私は子ども3人産んでからもずっと未婚のままでした。


未婚と言うのは、あるひとつの状況だ。
その状況に自分がどんな考えをまとわりつかせているかで、生きやすくも生きづらくもなる。


という事は、未婚の状況を変えようとするのに躍起になるのではなく、未婚の状況にまとわりつかせている自分の考えに向き合う方が早い。

旦那が31歳年上。
その動かしようのない現実にまとわりついていた私の考えにも向き合ったな。

自分で選んだのにね。
人からはなんて見られるかな?なんて悩んだり恥ずかしくなったり。




状況を変えようと必死になって悩んでいる方は多いよね。


フォーカスはそこでいいのかな?


その状況に対する自分の考えとは、
生まれてこのかた刷り込んで来た思い込みや築いて来た信念体系、自分なりの物の見方のフィルターがあるから生まれる自分の考え。


世間体を神さまにしてしまって生まれる他人軸での物の見方とかね。


状況よりもまずは、その考えが手放せたら(受容出来たら)楽になると思わない?


さあ、変えるべきはどこだ?


考えてみて。


これは以下の話にも繋がること。
物事の考え方すべてにだ。


自分軸を取り戻すために。





話を戻して


私は特に年上好きという訳ではない。旦那の前に付き合っていた男性はみな年下だし。だけど恋に落ちたんだよねぇ。人生の不思議。


しかしその奥にファザコンがあるのは認めている。


父と娘
このリレーションシップ(関係性)がパートナーシップ(特に恋愛)に与える影響は多大だ。


エディプスコンプレックスなどの心理学的な事を踏まえて考える事も出来るが、幼児よりももっともっと以前。


それはまだ赤ん坊の時にでさえ「無意識のレベルにおいて」父と娘でセクシャリティのやり取りをしている場合がある。


無意識のレベルでのやり取りなのである意味不可抗力。でもきっと、自分の魂はこれを経験したくて設定して来たんだろう。


ただ間違いなく言えるのは、その奥にある根底は「愛」だ。



その存在が自分の中の何かを引き出す時。
自分の切望する何かに直面する時。


物ごころついてから父に男を感じる人もいれば、父に自分の女を引き出される人もいる。それは決しておかしい事ではない。


父親のエロ本を見てギョッとなったり、父と母の性交の場に出くわす事だってある。


そしてまた、父に男性をみて父に抱かれる夢を見て愕然とする人もいるだろう。


そんな覚えがある人すべてがトラウマとしてそれを抱える訳ではない。


魂ひとつひとつが違うのだから。


父親とは普通はこうである。
という思い込みのフィルターから見ていると苦しくなるし自分を責める。


父もまた、ただの男である。




例えばそれをブロックとか課題とか問題と、自分がそう捉えた時点でそれはブロックで課題で問題になる。


問題というのは、自分がそれを問題だと認識した時点で問題となる。


ワークをするのでも
解消するのでもなく


ただそれ(その思い)と共に生きていく。
そういう選択もある。


私が人生でして来た一番のことは抗わなかったことかもしれない。


物事はなるべくしてなり、ならないべくしてならない。


そこを肚の底で受容できるとうっかり次の扉が開いたりする。それを問題と捉えない領域の扉かもしれない。


父との葛藤がある方は男性に対して奔放になるか拒絶になるか禁欲的になるかそれもまたそれぞれ。


父との関係が後の恋愛やセクシャリティに影響を与えてたとしても、色んな意味でファザコンでいいじゃないかとそう思う。


今この瞬間パーフェクト。


その時々の感情の解放はあるよ。でもそれはその先の解決とか解消を期待してではない。




私の場合は旦那との結婚生活約15年の間の人生経験全てがセッション級のワークだったように思う。旦那を通して色々な思い込みを超えて来た。


それを経て来たから、セッションでどんな方でも受け容れられる。


もちろん今でも絶賛ファザコン中~。その時々のフェイズにおいてのファザコンなのでかつてとは違いますけど。


もうこれ、今世ずっとそうだから。旦那亡き後にいくつか恋愛もして来ましたが次の彼氏は年下だと思いますよん。多分ね。


この話はいつかのお話し会でお話ししたけれど、また機会があれば。




インド占星術では父親を表すハウスは人生のグル(導師)を表す。インドの思想がベースなので、良い人生を送るには良きグルに出会うことが良しとされている。


父とのあれこれを抱えている方のホロスコープは、人生のグルいわゆる師がいない(師に出会わない)という風にも読める。人生の師=グル=父


だから師を持たずとも自分で切り開いて行くんだよ。


自分で切り開ける力があるから、そういう設定をして生まれて来たんだよ。


先日書いたブログ。
自分が自分のボスである


そしてそんな段階も超えると、目に映るすべてのものがメッセージで、全てが師になりえるとわかって来る。


特定の師(父)を恋い焦がれることなく。




常に私を自分のテリトリーに入れたかった旦那。私の師になりたかったのか?(笑)


「私はあなたの人生の脇役じゃない」と旦那に言い放つ私。でも旦那が私の人生の脇役になるか、私の人生の踏み台になることに関してはいいと思ったり。ヒドイ。


でも凄いのは、私が全開で何を言ってもそれを上回るエネルギーだったのよ。私のエゴを引き出し破壊して行くほどのエネルギー。男性性全開。それはある意味脱帽しました。


もうあなたについて行きます、って。


そんな事を思い出した10月10日。


24日の蠍座新月のテーマはパートナーシップと過去からの荷物を降ろすことだ。



{21E2D1E4-A827-4D6C-B8FB-1E7D205BF3FB:01}




明日には11月の大人の遠足の日程を決定します。
16日(日)17日(月)が濃厚です。
お仕事お休み取る方は取れますように。



クラニオセイクラル講座は残席2名
セッションの日程も出てます。

今後の予定一覧⇒


▶対面セッション新メニュー
*Essence of Soul
自分の本質とがっつり繋がるセッションです。
詳細→

通常の玄花セッションも受付ています。

手紙セッションお申し込み専用フォーム



おすすめ無料メルマガ
アメブロの記事をさらに掘り下げてディープにお届けします。イベントのご案内はアメブロとメルマガ同時に配信します。
玄花のPower of  Love

恋愛・パートナーシップ無料メルマガ
やさしい気持ち









※玄花のブログやメルマガはお好きに引用して下さって構いません。その際は玄花と記載しリンクを貼って下さると嬉しいですが強制ではありませんのでお好きなように使って下さい。