読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

歌を歌おう


2013年11月の過去ブログ



あまりにもそれが便利だから、あまりにそれが素晴らしいから、だから活用する。

という逆の縛り。


自分のエネルギーを整えるのに瞑想が良いとする。

でもそれだけが方法じゃない。


ヒーリングテクニックで浮遊霊を光に還す方法を知る。

でもそれだけが方法じゃない。


自分が不安に襲われた時、何に不安か考えず、ただ部屋の隅にうずくまってその感情を感じてみる。

それはとてつもなく怖い。

二の腕が粟立つような、心臓が締め付けられるような気がするかもしれない。


いてもたってもいられなくなったらジタバタしてみる。

ゴロゴロのたうち回ったり、地団太を踏んだり。

座布団や布団を叩いて「うーうー」言ってもいい。


さら大きな声を出してみる。

怖いなら怖い。

不安なら不安で怖い。

それをどうにかしようと大人の立ち振る舞いは要らず、大きな声を出してみる。

もちろん「お金が欲しい」でもいいさ。


最悪、隣近所の人がビビるくらいだ。犬とかパートナーもね。


カラオケまで行ける人は一人カラオケに行って、歌はさて置いてうなり散らすのもいい。

だけどたいてい煮詰まっている時は家から出られないから家出の対処を考えようか。


湧いて来た感情。

その不安や恐れが湧いたのを人のせいにしない(してもいいけどとりあえずはしない)

浮遊霊や魔物のせいにもしない(それ、あなたの観念だから)


煮詰まる時はだいたい恐れか不安か罪悪感か後悔か憤りか言葉に出来ない何か。

自分の中に湧いたそれを取り出してあげるのは自分自身だ。


隣近所やパートナーを気にしてそれが大きな声が出せない時(それも自分を縛る制限なのだけど)は小さな声でもいい。とりあえず、気持ちを言葉にして出す。



大きな声を出すって、結構な発散です。

そして声を出せない方も、態度でそれを表す事は同じ発散です。

子供が駄々をこねているのと同じ感じで駄々をこねまくる。

タオルを持って、机とかテーブルとか「うおーーー」って気持ちでひっぱたくのもいい。


そこ、子供に返っちゃっていいとこです。


本当は、ぬぅすぅんだバイクではぁしりぃだすぅぅぅぅ、と、したいくらいやさぐれた気持ちでしょうがそこはどうかひとつ。


私は怒る時は通りの向こうの公園にまで聞こえるくらいに全エネルギーでどなります。最近は無いけどね。というか、より密度の濃い声を直球で投げる(怖い)


でも一番は歌うかな。


ミュージカル「アニー」の歌もよく歌う。
あ、明日のお話し会は和室で気持ちよく声が通るからこれを歌おうかな。アメージンググレースも歌いますよん。

良かったらみんなで歌おうねー。リードするから♪


眠れなくて憂鬱な日には
胸を張って歌うよ

トゥモロー
トゥモロー
アイ ラブ ヤ トゥモロー

明日はしあわせ