読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

玄花の遠足@高尾山を終えて



2013年9月の玄花の遠足レポート再掲載



10時に高尾山口駅で待ち合わせ。
化粧が崩れる前にとのたっての願いで(笑)早速集合写真をパチリ。


高尾山が初めての方も含めて出発です。
私はこれで人生4回目。

{B9E14402-91B3-456D-A554-C6C0995AD2C3:01}


ハイキングコースとして舗装されている1号路をただひたすら歩きます。


舗装されているとはいえ山ですから登っている訳です。しんどくても途中で駅があるはずも無く、降りるも登るも自分の足を一歩ださなければどうにもならない。


人生と一緒ですね。



{87605580-C554-43E0-A8F0-B97689A91BEB:01}


薬王院でお参りをしていると法螺貝を吹きながらの一団が通ります。


高尾山と言えば天狗信仰。



{F5E9AD17-5286-4443-83A5-4FB1310846F4:01}


縁結び。特に恋愛運にご利益のある愛染明王


縁結びでありながら「ぼけふうじ」にもご利益があるとの事。うん、それも大事(笑)


{EBA206AB-6961-4A9A-A40B-DDCD5CDA3FA0:01}


高尾山頂ではおそばをいただきました。手打ちの噛み応えのあるおそば。


みなさんでワイワイとパートナーシップについてのお話しやそれぞれの近況などをシェア。


他の方の幸せな話を聞くと気分が高揚するし、ちょっと上手く行かない話も自分と同じ課題にハっとさせられて気づきが生まれる。


全ての根源の性欲についてのお話しも。



セッションだけではなく日常で色々な方とお話しをする中で、上手く行かないパートナーシップの課題を掘り下げると「実は……」と、パートナーとの間のSEXに関する噛み合わなさが出てきたりします。


「こんなものだと思ってた」とか
「これは大した問題ではない」とか
「相手に言えない」とか


極端に言えば、そこさえ上手く行けば全て乗り切れるくらいのパワーがあるのだけれどそこを押し隠して表面の二人の問題をどうにかしようとしてたり。



私は魚座です。
魚座のマークって、二匹の魚が紐で結ばれているマークです。これは美の女神「アフロディーテ」とその息子で愛の神の「エロス」の二人を表しています。


と、改めて書くか26日(木)のお話し会にて。



パートナーシップの話をした後に素敵な仲良しカップルの方に写真を撮ってもらいました。


これも偶然ではなく必然。
みなさんの恋愛に対する意欲が湧いてい来ると、自分の願望を体現している人たちが目の前の現実に顕れて来るんです。


お参りをして開運をしたから良くなった。ではなく、自分の潜在意識で何が起こっているのかもまた折を見てお話ししますね。



{AEB05828-510A-41B3-967C-AE2FC36B35C5:01}


さて、帰りは6号路を沢づたいに降りて行きます。


6号路に辿り着くまで、ちょっと方向を間違えるケアレスミス。
私は先月2回も来ているのにこのミスは、まるで今後の展開を思わせる前兆(笑)


{340973F1-AA3D-4E39-B045-768154E023BE:01}


真夏の時よりも水の流れが多かったように思います。


「えっ!ここを歩くの?」
と言うような岩場を歩きつつ、そこを過ぎてもまだ道なき道が続きます。


「あれ、どこを足場にすればいいのか……」
とぶつぶつ言いながら歩く人もちらほら。


私は、と言えば、
「前回来た時よりも道が変わったなぁ」とは思いつつもあくまでも私が道を間違えたのではなく、道が変わったと思い込んでいます。


なので迷い無し。


えぇ、人生も迷い無しですともっ。



{E7A8F23F-3D3F-428F-9D36-BBC6C80CF8EA:01}



「わぁぁ、見て!」
先を歩くAkemiさんが声を上げます。


まさに絶景。


先月2回来た時にも6号路を降りましたが、「こんな場所は通らなかった?」と思いつつ。


まさに、絶景!


{25E84753-1DB8-4993-A034-1AC7C6ECA29D:01}


この後も、「まさに山道」という道を歩きながら一行は進む。


目指すは「琵琶滝」
先日私が滝行をして来た場所です。


「今回は滝まで結構時間掛かるなぁ。登りもゆっくりめで時間が掛かったしね」



しばらくして視界が開けて来ました。



「あれ、駅ですよね?(下の建物を指差しながら)」

「いやいや、あそこが滝だよ。滝の音がするでしょう?(確かに水の流れる音)あの建物は滝行の人が着替えたりする場所だよ(自信満々)」



さらに下山。


水の音は沢から流れて来た水の到着点の川の音。


「あれ?……あぁ、ここは駅だ……」

「ですよねぇ?」



さらに降り切って振り返るとそこには、「稲荷山コース、ここから先は登山道です」の看板。



どうやら道を間違えて登山道を下山して来ました。


なんの装備もなく、私なんて足元はスケッチャーズの脚に負荷をかける船底みたいなサンダルでしたから。


け、結果オーライ♪


{BF16358D-DD4C-40C5-9712-3A7D1E334296:01}



見て下さいこの笑顔。


最初に集合してからこの瞬間まで、私はエネルギーでみなさんをホールドしています。疲れ方が違いますよ。


下山しながら途中途中にみなさんのセッションを挟んでいるので、「あれ、何か元気になって来ちゃった」の声もあり。


登山道を下山した割に、みなさんの顔も輝いています。



{87774615-5456-4142-ABDC-E4DF5974F8EB:01}



帰りの電車でも「なんか元気~♪」と言っていただけましたが、筋肉疲労はちゃんとありますからゆっくり休んでくださいね。




「体力に自信が無いから今回は行けません(泣)」なんて声を多数頂きました。ありがとうございます。


今回はケーブルカーを利用することなく全行程を歩きとおしました。ハードな道の選択になりましたがいらして下さったみなさまありがとうございます。


笑いあり、うなづきあり、これからのやりたい事やあれこれ。


ここで気づいたもの。
ここで芽生えたもの。


これから大事に育てて下さい。


さて、そんな中で昨日ふと言っていただけた、「玄花隊があったらいいんだよなぁ」のお言葉。詳細はまだ秘密ですが。


昨日と言う日に種が生まれた「玄花隊、もしくは玄花組」は温めつつ時期を見て始動しようと思っています。


この芽を一緒に育てて行きましょう。



中秋の名月魚座の満月の日に。
ありがとう。love ♡




早速ブログにも書いていただきました。
Akemiさんのブログ