玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

必死さの中にある光

必死さの中に突き落とす。するとそれしか見えなくなる。その一筋の光だけに向かって必死に泳ぐ。 苦しい時。やめてしまう事が1番簡単な選択だったりする。やめる事を肯定するための正当化された自分に都合のいい言い訳ってのがわんさか出て来る。それでもそ…

で、何がしたいのよ?

喧嘩ばっかりするけれど、それはソウルメイトで学びの相手だとか。別れたいのに別れられないとか、その言い分は、楽しいの? 次の暮らしの場所を決める。荷物をまとめる。玄関から出る。以上。 私も子どもが3人いるからわかる部分もあるけれど、パートナーと…

壊れる事から生まれるもの

この写真で伝わるでしょうか。二段ベッドの上の段が落ちた。上の段の主の末っ子が、軽く飛び乗ったらしい。軽くってなんだよ。 そう遠くない未来にこの家を引っ越す。旦那が亡くなる少し前に、私が支払っていける金額と見込んで借りた借家。今ではもっとお安…

人間万事塞翁が馬

やりたい事がわからない。自分の好きな事をすればいいって言われるけれど、好きな事がわからない。 うん。実は私もわかってるようでわかっていないかも。反応で動いちゃう時は、それが好きとかどうとかはいちいち考えていないから。 ただ、何をするかよりも…

母さんいつも幸せです

GWは家族でまったり。子どもたちと美味しいものを食べに行ったり自宅で映画を見たり。 時間があるのでお寺さんに預けている旦那の遺骨を引き取りに行って、自宅で粉砕しようかと思ってる。 うちの実家は韓国ドラマさながらにお墓とか法事などのセレモニーを…

いついかなる時も私は私

断捨離のGWの最中に色々な自分を見つける。これは末っ子が2歳か3歳の頃に、横浜そごうの託児ルームに預ける会員証の写真です。 デパートの外商が当たり前につく生活でした。生活がどうであれ、私はいついかなる時も私です。そこから一文無しもその日暮らしも…

コズミックジャーニー@北海道スタート

世間ではゴールデンなんとかが終わる今日この日から、玄花のコズミックジャーニー@北海道がスタートしました。 5泊6日のロングラン。初日の今日から天候も自然も野生動物も巻き込んでのミラクル連発です。 毎回言いますが、ミラクルが当たり前に起こるのでも…

「こんなの初めて」連発の北海道ジャーニー

コズミックジャーニー初日の宿は「鷲の宿」 宿を経営するご家族がここに住み始めて50年。20年前から宿を経営するようになったそうだ。 宿の目の前には川が流れ、鷲やその他の野生動物が観察出来る事から鷲の宿と名付けた。 ある日宿泊客が、川にシマフクロウ…

風になりたい@北海道ジャーニー

旅の醍醐味は人との出会い。 知床ウトロの夕陽台で写真を撮っている方が私たちの写真を撮ってくれました。そしてFacebookで繋がって送ってもらえるから便利ね〜。 「沈みゆく太陽 追い越してみたい」と、熱唱中 その昔、我が家の子供たちが幼稚園の頃に歌の…

自己意識と共に地球を遊ぶ

今年の1月〜3月にお届けしていた玄花のお話し会の「玄花会」を6月はお届けします。今年のコズミックジャーニー@阿蘇・高千穂・北海道道東や、この写真のプライベートジャーニー@オーストラリアUluruの話を交えてどこにいても自分らしくくつろぐとは。そして…

ミラクルが日常になるコズミックジャーニー

コズミックジャーニー初日の宿は「鷲の宿」 宿を経営するご家族がここに住み始めて50年。20年前から宿を経営するようになったそうだ。 宿の目の前には川が流れ、鷲やその他の野生動物が観察出来る事から鷲の宿と名付けた。 ある日宿泊客が、川にシマフクロウ…

Everything OK!!

悔しさや嫉妬も愛なんだ。つまりは全ては愛なんだ。だから大丈夫。それを表して、大丈夫。もちろん私は見ています。「1番になりたい」という気持ちが、怖れからのものなのか、愛からのものなのか。欠乏感からなのか、満ちて溢れて来ているのか。だから玄花が…

拡大というアート @ Uluru(ウルル)

オペラハウスViewのパークハイアットSydneyを後にしウルルへ。 オーストラリアに着いてから、呼吸が一段深くなっている。 自分では無意識に....無意識にも子どもの頃から、自分のエネルギーを小さく保つ事にエネルギーを使っていた人にとってこのオーストラ…

風使い @ キングスキャニオン

ウルルからMt.コナを経由してキングスキャニオンへ。裸足で登りました。風を止めたり一体になったり。うーん。ネイチャーそのものになる。人間もオーガニックな自然の一部です。

Light City @ ウルル

初のオーストラリアで初のヘリコプターを体験した。ヘリコプターに乗ってしばらくするとウルルに太陽が当たり、光り輝いて浮かび上がった。Kata Tjuta(カタジュタ)越しに光るウルル。この写真のウルルも迫力があるが、太陽に輝くウルルはまた別格だった。K…

大地を揺るがすほどの変容 @ キングスキャニオン

キングスキャニオンで叫ぶように歌ったのはもちろん、LION KINGのCircle of Lifeの出だしのあの部分。 Nants ingonyama bagithi babaナァーツィゴンニャーマバギィーツィババー 本気の歌声、動画も撮った。 赤い大地と風と一体になりながら見下ろせば、谷間…

I'm Free @ Kata Tjuta(カタジュタ)

今回のオーストラリアの旅は、ほぼ全編英語でした。 参加したアクティビティは全て英語のツアー。そして私はほぼ英語が話せません。 どんな物事にも、「わからない」という事に常にオープンです。 話せないこと。意思の疎通がうまくいかない事はさして問題で…

我が家という聖地

今回のオーストラリアの旅では日本でWiFiのレンタル手続きをしなかった。 ほとんど出歩いていたのでホテルに滞在している少しの間だけがネット環境が繋がる時間。 Facebookには少しの写真をシェアしているが、我が家の家族LINEのページにはたくさんの写真を…

玄花's Voice【18】

目の前の相手を信頼出来ないと、自分らしさを閉じ込めてしまう。 本当はこう言いたかったのに本当はこうしたかったのに 相手がこう思うだろうから言わないでおこう。しないでおこう。 というのは、被害者意識なんです。 「相手がこう思うから」として自分の…

玄花's Voice【17】

あらゆる制限や条件づけを超えるとはなんなのか。 私たちの本質にはそもそも何の観念も持ち合わせてはいない。 例えば潜在意識の投影という観念がある。それはある時には自分の内側を知る手助けになる。 しかし潜在意識の投影があるという観念を持っているか…

玄花's Voice【16】

仕事しなければ生きていけないというのは幻想です。しかし仕事も出来たら倍楽しい。どちらにも開けています。 仕事をしてお金を得るということ。 例えば自分の行きたい旅行や、参加したい講座やセミナーなどに今の時点では手の届かない程の費用がかかるとす…

玄花's Voice【15】

私は私の意識が反応したセミナーや講座に足を運ぶ。 私は私の意識が向いた占星術や魔術や占術や宗教の歴史や哲学に取り組む。 それが何に役立つとか、理解し知識をどうにかしよとかは関係なく、それをやっていること自体が喜びです。 学び習う事や、いわゆる…

玄花's Voice【15】

生まれた時の戸籍の名前の日本語読みと韓国語読み、日本の通称名、旦那と結婚してからの旦那の苗字での名前など、私を指している名前はいくつかあります。 たくさんの名前を持っていますがそれ全ては玄花を指している訳です。 玄というのが本名ではあるけれ…

玄花's Voice【14】

学びというのは楽しい。 もっともっと知りたい。もっともっとと欲が出る。 そう、知識は欲だ。 知識を得るとは、欲望を満たす行為である。 知識を得るという感覚だけで満足し、得た知識を話したり書いたりする事でアウトプットをした気持ちになってしまう。 …

玄花's Voice【13】

自分の未来をひとことで言うとしたら「La Vie en rose 」薔薇色の人生という言葉を何度耳にしただろう。 時間はその未来から流れて来ている。 だから今何が起ころうとも、それは間違いなくLa Vie en roseに至る今。時に孤独に思える事も、時に上手くいかない…

玄花's Voice【12】

ネットは便利だ。色々な情報を収集出来る。 もっともっと自分の望む現実にしたいと思う時、まず自分の現実はどのようにして今の状態なのかを知るために様々な本やネットから情報を得る事が出来る。 潜在意識の事も、心の在りようも、感情の抑圧も、投影につ…

玄花's Voice【10】

スピリチャルというものを知る中で、過去世とかインナーチャイルドとかソウルメイトという概念に触れる事がある。 その中でのソウルメイト。 恋愛の初期は誰でも盛り上がる。ましてや不倫や周りに反対されてなんていうシチュエーションならばなお燃え上がる…

玄花's Voice【9】

玄花さんは一切を否定しないですよね」と、私のセッションやイベントや講座にいらっしゃる方に言われる事があります。 「否定をしない」と決めている訳ではありません。これが基本的な私の物事に対するスタンスなのだと、そういったみなさまの声や現実から読…

玄花's Voice【8】

12月13日の今からスペインへ旅立つ。 ほんの8日間の旅だが、スペインは初めてだ。 20代の頃にイタリアが好きでよく足を運んだ。ミラノのドゥオモに入った時に溢れて来た涙はなんだったのだろうか。 海外に行くと感性が鋭敏になる。 フロリダのディズニーワー…

玄花's Voice【7】

人は欲求(味わいたい感情、湧き上がる衝動的行動、無意識のレベルでの欲求)を叶えるために、現実をリアルに作り出す。又は、現実を仕込む。 という視点がある。 それを「いやいや絶対にそんな事はない。私はこんな現実なんて味わいたくなかった」と完全否…