読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

髪の毛のカットという儀式

先月9月8日に長年の美容院を変えカットをした帰りの一枚。 この日以降、「目が変わった」とよく言われます。 エネルギーがわかる人には「目から発するエネルギーも変わったし、何かひとつ腑に落ちてわかったのだなとそういう感じ」だ、と。 エネルギーがわか…

料理の原風景に母がいる

ぷっくりした青魚(鰯)が手に入ったので天然塩の梅干しとたっぷりの生姜と共に煮付け中。 料理は好きだ。 そして意外にも編み物も嫌いじゃないけれどやれと言われたらやらない。笑 来月のWizard Classはとある島でバーベキューなのだが、「玄花さんのコリア…

やさしいきもちの今宵に

髪の毛をカットした今晩は、 久しぶりにプリティウーマンを見たい気分。 あの映画の中に大好きな場面がいっぱいある。プリティウーマンを見てシャンパンに苺が大好きになった人はたくさんいるでしょ。バスタブの中でリチャードギアを後ろからハグするように…

ねぇ、こうやっても生きていけるんだよ。

先日とあるサイトにて自己紹介を書く欄がありました。 ​ 私を知っている方にとっては「職業 玄花」で通じますが、私を知らない方に向けて私をひとことで言うとしたらどう表現しようかなと考えました。 ​ アーティストであること。 ヒーラーであること。 エナ…

細胞丸ごと入れ替わる時期

ここ15年ほどずーーーーっと。ロングヘアのパーマくるくるが定番だった。 そもそも癖の強い髪の毛 くるくるパーマが一番まとまりがいい事と、「そんな風にパーマのかかる人はいない」という褒め言葉もあってそうしていた。 「どこでパーマをかけているんです…

身体を通して自分を開く

ニュースレターに加筆修正をしてお届けしています。 こんばんは。玄花です。 私は2012年の夏頃から、月に1度の頻度で、野口整体を探求している佐藤さんに整体して頂いています。ネットサーフィンで見つけたのですが大当たり。 私は何事もネットサーフィンで…

霊的目覚めの扉が開く

おはようございます。玄花です。 5月15日~22日にプライベートジャーニーでオーストラリアのUluruに行って来ました。 その直前の8日~13日は主催のコズミックジャーニーで北海道は知床と旭岳へ行っています。月の半分は旅をしていました。そして帰って来て…

本来の私とパーソナルな私と

今日の夜は、劇団四季のLION KINGを観に行きます。もちろんS1席で!リトルマーメイドに次いでこれもコピーして歌いたいと思っている。主宰のWizard Classの1回目の宴会で、リトルマーメイドのPart of Your Worldの完コピを披露してみんなを別次元へ移動させ…

リラックスから最初の一歩へ

昨日の劇団四季のLION KINGを観た帰り道。 出したい声を(出したい高音を)出したいように出したいな〜と思った。 腹式呼吸のための横隔膜の使い方や喉を下げるという事の仕組みなんかを改めて考えつつ ちょっと新しいアプローチの一環でとあるボイトレ行こ…

玄花's Voice【19】

5月8日〜13日というロング日程でお届けするコズミックジャーニー@北海道の旅程表を作っています。 女満別空港からスタートして旭川空港で解散まで、ミラクルスピリチュアルジャーニーです。 前回3月にお届けしたコズミックジャーニー@阿蘇・高千穂では、か…

艶リソースを持っている

3月10日 横浜ロイヤルパークホテル NHK合宿にて N=立川奈緒子 H=玄花 K=小笠原和葉 「さっきまで親父的な振る舞いだったのに、玄花さん、一体どこの集合意識と繋がってそんな顔をしてるんですか!?」 と、よく言われます。 どこかの集合意識と交信中? …

玄花とユーザー辞書に登録してねん

花文字で書かれた「玄花」「玄」の字の閉じ蓋が太陽と龍ってのがいいね。 そうそう。1年に一度くらい、「玄米花」とか「玄関花」という入力でメールが来たりする。わかる。玄米と打ち込んでから米を消して花を打つというその作業。私もかつてはそうしてた。…

ネフェルティティと男性性

月イチで行っているnhkホテル合宿の「n」こと立川奈緒子から、3月9日部分日食の新月にプレゼントをいただいた。 エジプトで購入したというネフェルティティのペンダントヘッド。 緑と赤の袋を前に、赤い袋を選んだらネフェルティティが入っていた。 最近のニ…

ネオ家族なWizard Class

昨日の朝次は南米に呼ばれてまーす、と言った後の大崎のスタバにて。席に座って目をやるとそこには、ニュージーランドだの南米だのの文字が躍る。さらには6月にWizard Classで行くハワイの文字が。Wizard Classはネオ家族でありネオ部族だ。だからこそ、呆れ…

押戸石を押す

熊本の押戸石の丘にて。この丘の巨石群の中心をなす岩で、ちょうど私が押している場所辺りでは方位磁石がぐるっと回ってしまい、磁気の働きが正常でなくなるんです。実際に方位磁石で試してみた。この丘は縄文の聖地シュメール文字が刻まれた岩もあり、古代…

言葉よりも在り方で魅せる

自分の在り方意識の在り方はたまた真理なんて言うものを 言葉だけでなく、自分の笑顔とプレゼンスで伝えられたらいいね。いや、伝わってるか。 も、ポキャブラリー追いつかないしね。 生きるってね、楽しいの。受け取ってくれてありがとう。

私がそう思ったからそうなんです

3月22日今日のコズミックジャーニー@高千穂は、高千穂神社からスタート。たくさんの歓迎を受けました。なぜ今日という日に高千穂なのか? 私が今日と思ったから今日なんです。それがベストタイミング〜☆だって玄花のコズミックジャーニーだから(おい) #高…

どうかしてるぜ、同化...

この写真の中にいる玄花を探せ!?コズミックジャーニーでは、自然の中で呼吸をすること。遊ぶこと。ただ、それだけ。 高千穂神社でどうかしてるぜ。いや、同化してるぜ。 なんか木と光と同化してるんですけどー。 #玄花#コズミックジャーニー#高千穂神社#光…

自ら凝るとかいておのころだよ

高千穂峡の池に浮かぶ小さな小さな「おのころ島」おのころとは、自凝と書きます。自分の信じている観念で凝り固まった、私という存在。おのころってる私。そのおのころってる観念。今も必要ですか?もちろん何を選択してもいいんだよ。その結果は自分が引き…

私は自然そのものです

天岩戸神社の天安河原にて。存在感という次元のものはなりを潜め、ただそこの石ころの一つと同じになる。宇宙を構成する要素の一粒 それでも隠しきれないプレゼンスを誰しもが持っている。こんなひと時を持てるコズミックジャーニーを愛している。 私は自然…

肉体が無ければ出来ないこと

昨日の高千穂での私の服は、普段身につけるテイストではないアジアンな感じで、なんでこれをチョイスしたのかなと思ったら。ああそうか、アメノウズメの頭巾の色と一緒か、と(そこ?)裸踊りでみんなを笑わせるのが得意だったアメノウズメ。裸足で力強く大…

過去なんて本当はないんだからさ

昨日の空は雄弁。コズミックジャーニー@阿蘇・高千穂を終えて、最初から最後まで私たちのために神社の方も待っていてくれたのかと思うほどタイミングがピタリとはまる。と、こういう事はもう書かなくてもいいや。というくらいに当たり前の事なのだ。深いとこ…

赤土が呼んでいる

能力とか命とかを惜しみなく使っている人が好きだ。職人気質でストイックに堅苦しく考えている訳ではないけれど、小手先ではなく、生きる事に貪欲な人とでも言えばいいだろうか。それが出来るから、転じていいかげんにもチャランポランになる事にも手を抜か…

この世に貢献したい生き物の誇りと矜持

色々なステージの変わる時... ステージってね、次元とも言うのだけど、なぜそれが変わるのかというと、今までのステージが「飽きたから」それくらいの気軽さでいい。 お金ってものに関して、今までは汗水たらして働いてとか、労働としての対価としてのお金と…

美しく、生きる

美しく、生きる。 というキャッキコピーのこの永遠のヨギーが30日から公開される。 朝から予告編を見て落涙。 ここ数日、特に4月に入ってからそれぞれの「当たり前」が大きく変化しているのを感じる。 人としてこの振る舞いはアリかナシか。 という指針がそ…

松果体を開く目薬

小笠原和葉経由で購入した劇薬目薬カズ〜ハ!(そんな名前じゃないけどそんな名前にしか読めないこのスペルは何?)松果体をグワッと開くという。目にね...ハイター入れたみたいな感じ(溶けるわっ)ニア塩酸入れた感じ(入れたことないけど)真っ黒な目薬の…

Wizard Classで全開に遊ぶだけ

4月9日にWizard Classの第一回目を迎えた。Wizard Classとは、私がこの1年間お届けするClassで、たくさんの時間を共に過ごす。講座、というと思い浮かべる既存のスタイルではなく、ネオスタイル(新しいと日本語で言え。笑)濃密な1日を取り出してシェアする…

トランク一つだけで浪漫飛行へ

横浜元町のRIMOWAにて。5月からの怒涛の旅の連続に向けてスーツケースを新調しました。これは長期用。 GW明けからの北海道で、コズミックジャーニーは数えること第29弾。5泊6日の行程です。 先月の春分の日のコズミックジャーニーは阿蘇と高千穂で、阿蘇神社…

素手で掴んでかぶりつく

甘いスイーツは好んでいないけれど、チョコレート(特にナッツ入り)などは大好き。チョコを冷凍庫に入れて硬くして、それをバリボリ食べるのが好き。 特に砂糖断ちをしていないのに、最近スーパーで買うキムチが甘くて甘くて違和感を感じる。 いやいや、韓…

宇宙が私のお家なの

「宇宙が私のお家なのです」宇宙が私のお家なので、どこへ行っても「I'm home 〜♡」 初めての場所とか初めて会う人とか「初めて」に囚われずもう当たり前に馴染んでいく。 それはきっとまずは、私が私の身体に根付いているからね。 今日はひと仕事終えてから…

必死さの中にある光

必死さの中に突き落とす。するとそれしか見えなくなる。その一筋の光だけに向かって必死に泳ぐ。 苦しい時。やめてしまう事が1番簡単な選択だったりする。やめる事を肯定するための正当化された自分に都合のいい言い訳ってのがわんさか出て来る。それでもそ…

で、何がしたいのよ?

喧嘩ばっかりするけれど、それはソウルメイトで学びの相手だとか。別れたいのに別れられないとか、その言い分は、楽しいの? 次の暮らしの場所を決める。荷物をまとめる。玄関から出る。以上。 私も子どもが3人いるからわかる部分もあるけれど、パートナーと…

壊れる事から生まれるもの

この写真で伝わるでしょうか。二段ベッドの上の段が落ちた。上の段の主の末っ子が、軽く飛び乗ったらしい。軽くってなんだよ。 そう遠くない未来にこの家を引っ越す。旦那が亡くなる少し前に、私が支払っていける金額と見込んで借りた借家。今ではもっとお安…

人間万事塞翁が馬

やりたい事がわからない。自分の好きな事をすればいいって言われるけれど、好きな事がわからない。 うん。実は私もわかってるようでわかっていないかも。反応で動いちゃう時は、それが好きとかどうとかはいちいち考えていないから。 ただ、何をするかよりも…

母さんいつも幸せです

GWは家族でまったり。子どもたちと美味しいものを食べに行ったり自宅で映画を見たり。 時間があるのでお寺さんに預けている旦那の遺骨を引き取りに行って、自宅で粉砕しようかと思ってる。 うちの実家は韓国ドラマさながらにお墓とか法事などのセレモニーを…

いついかなる時も私は私

断捨離のGWの最中に色々な自分を見つける。これは末っ子が2歳か3歳の頃に、横浜そごうの託児ルームに預ける会員証の写真です。 デパートの外商が当たり前につく生活でした。生活がどうであれ、私はいついかなる時も私です。そこから一文無しもその日暮らしも…

コズミックジャーニー@北海道スタート

世間ではゴールデンなんとかが終わる今日この日から、玄花のコズミックジャーニー@北海道がスタートしました。 5泊6日のロングラン。初日の今日から天候も自然も野生動物も巻き込んでのミラクル連発です。 毎回言いますが、ミラクルが当たり前に起こるのでも…

「こんなの初めて」連発の北海道ジャーニー

コズミックジャーニー初日の宿は「鷲の宿」 宿を経営するご家族がここに住み始めて50年。20年前から宿を経営するようになったそうだ。 宿の目の前には川が流れ、鷲やその他の野生動物が観察出来る事から鷲の宿と名付けた。 ある日宿泊客が、川にシマフクロウ…

風になりたい@北海道ジャーニー

旅の醍醐味は人との出会い。 知床ウトロの夕陽台で写真を撮っている方が私たちの写真を撮ってくれました。そしてFacebookで繋がって送ってもらえるから便利ね〜。 「沈みゆく太陽 追い越してみたい」と、熱唱中 その昔、我が家の子供たちが幼稚園の頃に歌の…

自己意識と共に地球を遊ぶ

今年の1月〜3月にお届けしていた玄花のお話し会の「玄花会」を6月はお届けします。今年のコズミックジャーニー@阿蘇・高千穂・北海道道東や、この写真のプライベートジャーニー@オーストラリアUluruの話を交えてどこにいても自分らしくくつろぐとは。そして…

ミラクルが日常になるコズミックジャーニー

コズミックジャーニー初日の宿は「鷲の宿」 宿を経営するご家族がここに住み始めて50年。20年前から宿を経営するようになったそうだ。 宿の目の前には川が流れ、鷲やその他の野生動物が観察出来る事から鷲の宿と名付けた。 ある日宿泊客が、川にシマフクロウ…

Everything OK!!

悔しさや嫉妬も愛なんだ。つまりは全ては愛なんだ。だから大丈夫。それを表して、大丈夫。もちろん私は見ています。「1番になりたい」という気持ちが、怖れからのものなのか、愛からのものなのか。欠乏感からなのか、満ちて溢れて来ているのか。だから玄花が…

拡大というアート @ Uluru(ウルル)

オペラハウスViewのパークハイアットSydneyを後にしウルルへ。 オーストラリアに着いてから、呼吸が一段深くなっている。 自分では無意識に....無意識にも子どもの頃から、自分のエネルギーを小さく保つ事にエネルギーを使っていた人にとってこのオーストラ…

風使い @ キングスキャニオン

ウルルからMt.コナを経由してキングスキャニオンへ。裸足で登りました。風を止めたり一体になったり。うーん。ネイチャーそのものになる。人間もオーガニックな自然の一部です。

Light City @ ウルル

初のオーストラリアで初のヘリコプターを体験した。ヘリコプターに乗ってしばらくするとウルルに太陽が当たり、光り輝いて浮かび上がった。Kata Tjuta(カタジュタ)越しに光るウルル。この写真のウルルも迫力があるが、太陽に輝くウルルはまた別格だった。K…

大地を揺るがすほどの変容 @ キングスキャニオン

キングスキャニオンで叫ぶように歌ったのはもちろん、LION KINGのCircle of Lifeの出だしのあの部分。 Nants ingonyama bagithi babaナァーツィゴンニャーマバギィーツィババー 本気の歌声、動画も撮った。 赤い大地と風と一体になりながら見下ろせば、谷間…

I'm Free @ Kata Tjuta(カタジュタ)

今回のオーストラリアの旅は、ほぼ全編英語でした。 参加したアクティビティは全て英語のツアー。そして私はほぼ英語が話せません。 どんな物事にも、「わからない」という事に常にオープンです。 話せないこと。意思の疎通がうまくいかない事はさして問題で…

我が家という聖地

今回のオーストラリアの旅では日本でWiFiのレンタル手続きをしなかった。 ほとんど出歩いていたのでホテルに滞在している少しの間だけがネット環境が繋がる時間。 Facebookには少しの写真をシェアしているが、我が家の家族LINEのページにはたくさんの写真を…

玄花's Voice【18】

目の前の相手を信頼出来ないと、自分らしさを閉じ込めてしまう。 本当はこう言いたかったのに本当はこうしたかったのに 相手がこう思うだろうから言わないでおこう。しないでおこう。 というのは、被害者意識なんです。 「相手がこう思うから」として自分の…

玄花's Voice【17】

あらゆる制限や条件づけを超えるとはなんなのか。 私たちの本質にはそもそも何の観念も持ち合わせてはいない。 例えば潜在意識の投影という観念がある。それはある時には自分の内側を知る手助けになる。 しかし潜在意識の投影があるという観念を持っているか…