読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄花's Diary

玄花の徒然ブログ<オフィシャル

本来の私とパーソナルな私と


今日の夜は、劇団四季のLION KINGを観に行きます。もちろんS1席で!


リトルマーメイドに次いでこれもコピーして歌いたいと思っている。


主宰のWizard Classの1回目の宴会で、リトルマーメイドのPart of Your Worldの完コピを披露してみんなを別次元へ移動させました(笑)
 

誰の目も気にせず成り切る。
結構得意です。
 

日常でも時折、私は玄花をやっているな、と客観的に見ている時がある。
 

それは決して無理をしている訳ではなく、全体性に溶けるあの質感に触れれば触れるほど、そう思う時がある。


そして、それでいい。
 

自己意識と肩を組み、母であり女であり玄花である事を楽しんでいる。
 

生まれた時から親や周りに言われて来た「私らしさ」


その中から私が受け取り構築して来た「私」を壊しながら全体性に近づいては離れ、自我を楽しむ。
 

色々と書くよりも、今の私の在り方を私の顔や身体が雄弁に物語っているでしょうね。


言葉よりも雄弁に。
  

だから自撮りが好きなのよ。ええ、いま考えたこじ付けです。あはは。


という事でLION KINGのエナジーを浴びて来ます。


f:id:hyunhwa:20160529121015j:image



リラックスから最初の一歩へ


昨日の劇団四季のLION KINGを観た帰り道。
 

出したい声を(出したい高音を)出したいように出したいな〜と思った。
 

腹式呼吸のための横隔膜の使い方や喉を下げるという事の仕組みなんかを改めて考えつつ

 
ちょっと新しいアプローチの一環でとあるボイトレ行こうかなーと閃いた記念の写真@石川町


f:id:hyunhwa:20160529075428j:image

 
私の出したい声のために。




しかし何であれ、身体がリラックスしている事が当たり前からのスタートなのよ。


身体が緩んだ状態が常であること。


それはバレエの1番の足のようなもので、そこから次の一歩は何でも踏み出せる。


リラックスしていると、一歩を踏み出す事にワクワクする。


そして私はここ何年かで相当身体が緩んでいる。それも実感してるんだよね。


色々と意識の在り方を学ぶ人は多いけれど、学びが深まり気づきが増える体感としては身体が緩んでいく。


脱力じゃないよ。リラックス。
脱力しようとした時点で脱力出来てない。


それは声を出す事にも役に立つ。


10年振りに復帰したヨガも身体が硬くなってるように感じたけれど、10年前より身体の力みがなくなり身体が緩んでるのでポーズが容易になっているという発見があった。


あー、嬉しい。


そしてやっぱりLIVEで歌いたくなって来た!


玄花は歌を用いたパフォーマーでもあるのです。



玄花's Voice【19】

5月8日〜13日というロング日程でお届けするコズミックジャーニー@北海道の旅程表を作っています。

 

女満別空港からスタートして旭川空港で解散まで、ミラクルスピリチュアルジャーニーです。

 

前回3月にお届けしたコズミックジャーニー@阿蘇・高千穂では、かつてない程のエナジーワークをお届けしました。

 

いえ、そもそも「これをやる」という風に組み立ててはいません。私は毎回ルートの確認以外は丸腰で臨んでいます。

 

玄花と言えばライブ感であり、その瞬間起こる事に全てを明け渡し委ねていますのでコズミックジャーニーで起こる事は参加者にとって最も優先順位の高いものを受け取っています。

 

そんな参加者と宇宙との橋渡しになっている事を嬉しく思います。

 

私が私を通してお伝えしているのは、「生きるってね、楽しいの」ってこと。

 

子どもの頃から「これが正しい、これが間違っている」と教えられそう生きるものだと思い込んで来た観念に気づくこと。

 

自分の行動の動機となっている観念に気づき、それが今の自分を生き生きと活かしていなければ選択し直す事が出来るんです。

 

その選択によって自分の現実な成り立っているのですから。

 

それはある意味、自分が生まれ変わる事でもあります。

 

新しい自分の可能性にワクワクする方はお待ちしています。まずは参加意思のある方はお問い合わせよりメール下さいませ。

 

普段はあまりスピリチュアルという言葉を使う事はありませんが、今回は間違いなくこのタイミングでお届けする最高のスピリチュアルな旅になります。

 

お待ちしています。

 

www.hyunhwa.com

 

艶リソースを持っている

 
3月10日
NHK合宿にて
 
 
N=立川奈緒子
H=玄花
K=小笠原和葉
 
 
「さっきまで親父的な振る舞いだったのに、玄花さん、一体どこの集合意識と繋がってそんな顔をしてるんですか!?」
 
 
と、よく言われます。
 
f:id:hyunhwa:20160527054736j:image
 
 
どこかの集合意識と交信中? 
 
いえいえ、私のリソースに繋がってるんです。これがリソースの力なのさ。
 
 
 
とりあえず今日はここに、ただいまってことだ。
 
 
ありがとうね。
 
 
I am connected to my resource
I'm very happy〜♡
 
 
 

玄花とユーザー辞書に登録してねん


花文字で書かれた「玄花」
「玄」の字の閉じ蓋が太陽と龍ってのがいいね。

f:id:hyunhwa:20160527054502j:image

 

そうそう。
1年に一度くらい、「玄米花」とか「玄関花」という入力でメールが来たりする。


わかる。
玄米と打ち込んでから米を消して花を打つというその作業。


私もかつてはそうしてた。


とりあえず、単語登録/ユーザー辞書に「ひょんふぁ」で変換されるように設定をしてくれたら


あなたのスマホに私が住んでるみたいだわ♡笑


ネフェルティティと男性性

月イチで行っているnhkホテル合宿の「n」こと立川奈緒子から、3月9日部分日食の新月にプレゼントをいただいた。
 

エジプトで購入したというネフェルティティのペンダントヘッド。
 

緑と赤の袋を前に、赤い袋を選んだらネフェルティティが入っていた。

f:id:hyunhwa:20160527054318j:image
 
 

最近のニュースで、ツタンカーメンの墓に二つの隠し部屋が見つかったとの報道がある。
 

この隠し部屋は、ツタンカーメン王の義理の母の、王妃ネフェルティティの墓ではないかと言われている。
 
 

まだ確証されてはいないが、その期待は大いに高まっている。

 

このネフェルティティは夫である王の死後、義理の息子のツタンカーメンが即位するまでの2年間、名を変えてファラオとして王座についていたのではないかと言われている。

 
面白い。
 
 

この時代の女性の立ち位置やネフェルティティの背景を踏まえて、3月9日部分日食の新月の日に私の手元にこのペンダントヘッドが来たことで受け取ったメッセージがある。
 

後ほどニュースレターGolden Spiralにて熱く語ります。
 
 
成熟した男性性ってやつをね。
 
 
ニュースレターGolden Spiralはこちら
→ bit.ly/1TiCoB4
 
 
ネフェルティティはシルバーのチェーンをつけて愛用していまーす。



ネオ家族なWizard Class


昨日の朝

次は南米に呼ばれてまーす、と言った後の大崎のスタバにて。


席に座って目をやるとそこには、ニュージーランドだの南米だのの文字が躍る。

f:id:hyunhwa:20160527054142j:image


さらには6月にWizard Classで行くハワイの文字が。



Wizard Classはネオ家族でありネオ部族だ。

だからこそ、呆れるほどにお互いが無関心にもなれる。


あなたはもう一人の私です、というインラケッチを、純粋に共有出来る。


この1年、物理的にも高次の意識でも、たくさんの旅をしよう。たくさんの時間を共有しよう。


ニュージーランドのハカダンスを見ると血が騒ぐ玄花です。